Top>イチオシ情報>医療事務の仕事を知って医療業界で働こう!

医療事務の業務内容とは

医療機関によっても異なりますが、一般的には診療報酬の算定と患者と健康保険組合に対する請求を行う業務です。カルテに記載されている内容を読み取り、ルールに基づいて正しく診療報酬の算定を行うことが求められます。また、受付業務や会計を行うことも医療事務の仕事として挙げられます。

医療事務の資格を持つ場合と持たない場合を比較して

資格取得のためのステップは様々です

資格取得のための学習では、診療報酬算定のルールや医療業界で働くことに対するコンプライアンスなどについてしっかりと学ぶことができます。オンライン請求システムも身に着けることができるため、自信をもって医療事務デビューが果たせます。

資格がなくともできるが、継続が難しい

資格がなくとも仕事ができますが、スキルが求められます。医療事務職についてイチから勉強することはタイムロスだといえます。実践をしながらの勉強になるため、なかなか身に付きません。すぐに覚えられることではないので難しいこともあります。

医療事務の仕事を知って医療業界で働こう!

診察券

医療事務の求人の探し方 ポイント

ハローワークではめったに見つからない医療事務の仕事。派遣会社へ登録するか、医療事務の仕事を専門に取り上げる求人サイトを利用することをお勧めしています。即戦力として働きたい場合は、医療機関への派遣を専門とした派遣会社に人材登録することが近道です。働き方の選択もできるため、育児や介護との両立もできる強みがあります。個人病院よりも総合病院の求人の方が求人情報を見つけやすいでしょう。

医療事務として働くときのメリット

女性

フルタイム・短時間勤務が選べます

働き方が選べる医療機関が多く、家事との両立が望めます。

健康保険や労災保険など社会の仕組みが分かります

診療報酬請求の際のカギとなる健保や労災保険の仕組みや流れが分かります。

コミュニケーション能力が高まります

患者や医師、看護師などのスタッフと外部業者とのパイプ役を担うので、コミュニケーション能力を高めることができます。